チャンピックスを通販サイトで買うメリット

チャンピックスを通販で買うと自費で買うより安い

チャンピックスを通販サイトで買うと、自由診療の場合、病院より安くで購入できます。

チャンピックスは、日本では医師の診断を受けてから処方されるため、一般の通販サイトでは購入できません。外来禁煙治療だと基本的に12週間内で計5回ほど受診します。また、医師と話し合って開始日を決め、2週間後と8週間後、12週間後の4回受診するのです。

保険診療だと3か月間で5回通院した場合だと約12,000円から14,000円です。全額自己負担だと約30,000円です。ただ、これも病院によって異なり、さらに12週目以降になると、自由診療になるのでもっと費用がかかります。

自由診療だと薬代や診察料、ニコチン依存症管理料や処方せん料など合わせるとかなりの金額になります。

そこで活用したいのが通販サイト(個人輸入代行サイト)です。本来輸入をするときには面倒な手続きなどがありますがそれを代行してくれます。

個人輸入だと処方箋が不要です。また、医薬品を個人輸入することは、違法ではないです。このことに関しては厚生労働省のHPにもきちんと掲載されてます。個人輸入を利用する最大のメリットは値段が安いことです。

最安値だと10,000円以下で購入することも可能で、更に送料も無料です。まとめ買いもできるので、更に安くお得に買うことが可能です。費用を抑えながら禁煙を行う事ができます。

チャンピックスを通販で買うデメリット

チャンピックスを通販で買うにあたっては、いくつかのデメリットがあります。

個人輸入代行サイトは便利な通販サイトです。通販のデメリットといえば、悪徳な業者がいることが挙げられます。

もし、間違った所で購入すると偽物がまぎれこんでいます。また、偽物が届くことがあります。商品が届かないことや入金したら連絡がつかなくなるなども、実際に事例がありました。

そのため、通販するときには、しっかりと本物だけを取り扱っています。信頼ができる、代行業者を選ぶことが大切です。

必ず正規品だけが購入できるところを見つける必要があります。例えば、サイトの隅にだけ小さく詳細などが書かれているなど、見るからに怪しいサイトは、避けた方が無難です。

他のデメリットは、購入して何か問題が起きた場合でも全て自己責任になることです。日本で購入する医薬品には医薬品副作用被害救済制度が適用されます。副作用などが起きても医療費なども請求できたり、相談などにも応じてくれたりするのです。

しかし、通販で購入した医薬品はこの制度の適応外になります。利用に関しては自分の責任です。服用するには用法や用量、安全性などもしっかりと確認した方が良いです。

また、海外からの輸入になるため商品が届くまでに時間がかかります。大体2週間前後ぐらいかかりますが、遅い時は3週間はかかると見た方が良いです。

チャンピックスの購入は適法だが違法になるケースもある

チャンピックスを個人輸入する場合、個人輸入代行サイトで通販するときは、違法になることはありません。ただ、海外の未承認薬を代行業者から買う時は、違法になることがあります。

未承認の薬の購入が認められているのは基本的に個人での使用が目的なときだけです。もし、輸入した薬を日本国内で転売や知り合いなどに譲ると薬機法違反になります。他にも色々と厳しい規制がされているので事前に厚生労働省のホームページで調べておいた方が安心です。

また、能動的手続代行行為という違法となる行為があります。輸入代行業者が未承認医薬品の商品のリストを不特定多数の人に示して、輸入の希望者を募るようなことです。購入意欲を昂進させるような広告を打つことも法律違反です。アフィリエイトサイトなどを作成して個人輸入代行サイトを宣伝することも違法になります。もし、知らないで行うと最悪の場合逮捕されたりします。

個人輸入は、自分が使うために利用するのは法律でも認められています。しかし、他の人へ転売や譲ったりすること、購入意欲を昂進させるようなことは違法になるのです。
個人輸入で自分のために使うためであっても規制があります。例えば、共同購入も禁止されているのです。また、決められた数量以上は、証明書がないと購入はできません。