【一般向け】チャンピックス(禁煙治療薬)の飲み方

チャンピックスの飲み方・使い方

チャンピックスは初日から3日目までは0.5mgを1錠飲む

タバコは、副流煙で他の人の健康に影響が出る可能性もあります。そのため、禁煙を意識する人も増えてきました。

とはいえ、長く喫煙してきた人は急にタバコを絶つのは難しいものです。まずは、本数を減らすことから始める人も多くなっています。とはいえ、数を減らせても完全には禁煙できないと悩む人も多いものです。その場合は、治療も検討してみましょう。

禁煙を成功させるためには、タバコの本数を減らすだけではなく、喫煙したい欲求を抑えることも大事です。最近は、本格的な禁煙治療を選ぶ人も増えています。チャンピックスは、ニコチンを使わずに喫煙したい欲求を抑えられることから、人気が高まっています。

飲み方としては、まず禁煙開始予定日の1週間前から服用を始めることが特徴的です。まず、3日までは1日1回0.5mg錠を服用することになります。飲むタイミングとしては朝昼夕、日中いつでも好きなタイミングで飲むことができるのです。

禁煙治療を行う際は、タバコは絶たなくてはいけないと感じる人もあるかもしれません。しかし、最初の1週間は喫煙しながら飲むことができます。薬の量は、少しずつ増やしていくことになるのです。服用の際には、コップ一杯程度の水またはぬるま湯を利用しましょう。

4日以降のチャンピックスの飲み方は2錠に増える

チャンピックスは飲み始めの3日までは1日1回の服用で構いません。タバコも吸うことができるので、無理なく治療を進めていくことができます。そして、チャンピックスは4日目以降、8日目以降など飲み方も変わってきますので、正しい服用方法を守りましょう。

まず、4日目からの飲み方は1日2回、0.5mgを朝食後と夕食後に飲むことになります。最初の7日間は喫煙しながら治療を進めていくことができます。

8日目以降の飲み方は、禁煙をし治療を続けていくことになります。自然にタバコを吸わなくなった場合は8日目を待たずに禁煙を開始しましょう。8日目以降も朝夕の食後に1日2回の服用となりますが、飲む錠剤が変わってきますので、間違わないよう注意しましょう。

8日目以降は、チャンピックスの量はさらに増えます。1㎎錠を1日2回飲むことになり本格的に治療を続けていくのです。人によっては期間の終了を待たずに禁煙ができる場合もあります。しかし、この場合も勝手な判断で治療を止めてしまうことは避けましょう。自分では禁煙できたと感じてもすぐに治療を止めてしまわず、医師の指示にしたがって、治療を続けていくことが大切です。

チャンピックスの服用期間は基本的に12週間

チャンピックスの服用期間は、基本的には12週間となっています。この期間内で薬の効き目が十分に発揮されて禁煙を成功できる人は多いです。しかし、効果には個人差もあり、ひとことに何日目で禁煙治療が完了するというわけではありません。

12週間真面目に治療を続けてきたに関わらず、まだタバコが止められない、吸いたくなるという人もいます。そんな場合は、医師に相談して12週目以降は24週目まで自費で治療を続けていくことができます。

24週間続けて治療が完了すれば、ひとまず禁煙治療は終わることになります。しかし、24週間続けてもやはり完全に禁煙はできないという人もいるのです。あまりに長期に薬を続けていくと健康に何等かの問題が出てくる可能性があるので、24週以降は医師との相談となります。

24週間続けても、禁煙ができないという場合は薬がその人の体質に合っていない、治療方法が合わないという可能性があるからです。チャンピックスは、多くの人の禁煙治療に役立つ薬です。しかし、誰にでも合うというわけではありませんので、良い効果が得られない場合は別の治療方法も検討していくことになります。