いまスグ!チャンピックスを最速で通販してらくらく禁煙治療

チャンピックスの通販

通販できる!お医者さんの禁煙治療薬・チャンピックス

チャンピックスとは、煙草によるニコチン依存症を治療して禁煙を実現する医薬品です。禁煙治療とは、自分ひとりの意思だけではタバコをやめられない患者に対して、医師の管理のもとに、治療が行われます。

チャンピックスはニコチン依存症を治療して禁煙する薬

チャンピックスとは、禁煙したい人たちをサポートする薬です。チャンピックスの有効成分はバレニクリン酸酒石酸塩で、ファイザー株式会社によって開発されました。

チャンピックスは、2006年5月にアメリカで禁煙補助薬として承認されました。その後他の国でも承認されて使われるようになり、現在では90カ国以上で禁煙補助に役立てられています。なお、日本では2008年1月に「ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助」という効能効果で承認されたのです。

チャンピックスの特徴は、国内初の経口禁煙補助薬だということです。チャンピックスには、禁煙中のニコチン切れによる禁断症状を軽減する効果があります。また、タバコを吸いたい切望感を抑えられるのです。成功率が高く、チャンピックスを使って禁煙に挑戦する人は増えています。

チャンピックスは、錠剤の形をしていて、0.5mgと1mgの製剤があります。チャンピックス錠0.5mgにはバレニクリン酸酒石酸塩が有効成分として0.85mg、1mgの製剤には1.71mg含有されています。

チャンピックスを使って禁煙をする時には医師から指示された通りの量をスケジュールに従って服用することが大切です。

チャンピックスは従来の禁煙治療薬とは異なる

今までは禁煙補助剤と言えばニコチンガムやニコチンパッチがよく使われていました。しかし、チャンピックスは、ニコチンを含んでいない治療薬です。従来とは違った禁煙が可能になります。

今までよく行われていたニコチン製剤禁煙は、ニコチン離脱症状のつらさを、微量のニコチンを摂取することで抑えました。そして、徐々にニコチン製剤禁煙を減らしていって、ニコチンを摂取しなくても良い状態に変えることを目標としていたのです。

ニコチン製剤禁煙は、気軽に始められるという利点があります。しかし、禁煙をするという強い意志を持たないと、タバコの代わりにニコチンガムがやめられなくなるのです。

それに対して、チャンピックスを服用して禁煙治療をする場合は、禁断症状を抑える効果が期待できるため、禁煙中のつらさが軽減できます。それに加えて、ニコチン受容体にチャンピックスが結合することによって、タバコによる満足感が感じられなくなるのです。

チャンピックスを使用するには条件がある

チャンピックスは、医師の処方がないと入手できない薬です。そこで、この薬を使って禁煙したい人は禁煙外来を受診して処方してもらうことになります。禁煙外来では、ニコチン依存症と診断されると保険適応で治療が受けられるのです。そのためには、ニコチン依存症のスクリーニングテストを受けてニコチン依存症だと診断される必要があります。

なお、スクリーニングテストは、受診したクリニックで受けることができます。いくつかの設問に、はいかいいえで答えていくというタイプのテストです。

自分一人でタバコをやめられないという場合、ニコチン依存症になっています。タバコを吸った時には、脳の中のα4β2ニコチン受容体にニコチンが結合してドパミンという快感を生じさせる物質が放出されるのです。

ニコチン依存症にかかっていると、タバコをおいしく感じます。また、30分ほど経つと今度はニコチンが切れたことにより、イライラ感や落ち着かない気持ちといった禁断症状です。

この禁断症状を避けるためにタバコを吸い、ニコチンの依存症になっていくのです。

禁煙に失敗したら超高額!チャンピックスは通販がお得

チャンピックスを保険適用で利用するには、患者が条件を満たす必要があります。もし条件に漏れてしまっても、自費診療(医療費の全額を自己負担すること)で受診が可能です。しかし、費用が高額になるため、現実的には受診は困難でしょう。健康保険が適用されない患者は、チャンピックスを通販すればコストが抑えられます。

チャンピックスを保険適用で購入する

チャンピックスは、一定条件を満たせば保険適用で購入することが可能です。自己負担額が3割だとすれば、12週間分で大体2万円の値段で購入することができます。この2万円は、診察料やニコチン依存症管理料や処方せん料等を含まれています。

内訳は、診察料と院外処方せん料とニコチン依存症管理料を合計して6,000円、調剤料と薬代を合わせて14,000円くらいです。これを1日当たりの値段にすると、200円程度となります。たばこを1日に1箱吸うよりも安い値段で禁煙治療を受けられるのです。

治療に利用する薬によっても保険適用後の費用は変わってきます。上記の数字はニコチンを含まない薬の場合の目安です。チャンピックスは、ニコチンを含まない薬なので、上記価格を目安に考えて下さい。

具体的な料金については、病院の病床数や時間外対応の料金等によっても変わってきます。それぞれの医療機関に問い合わせて確認すると良いでしょう。治療は、診断後にアドバイスをしてもらったり、禁煙補助薬の選択をしてもらったりして始めていきます。

参考サイト:バイアグラ通販

チャンピックスを自費で購入する

チャンピックスは、保険が適用される期間が限られています。チャンピックスが保険適用されるとしても、それは最長で12週間までです。

12週を経過した場合は、最大で24週間まで治療を行うことになります。しかし、12週目以降の費用は自費診療扱いです。

自費になった場合はとても高額で、6万円程度はかかることとなります。このうち一番高い内訳が薬代で、4万円ほどです。診察料やニコチン依存症管理料、処方線料等も保険適用外となるので、それぞれ7000円・9000円・3000円ほどの費用が発生します。

1年以内に通院して治療を受けた人も保険適用外になります。そうなった場合は初回から費用が自費になってしまいます。そう考えると、一度諦めてしまうと高額になるのです。

先生と相談しながら、だめだった場合にそうするかを考えることもできます。

一度禁煙を検討している方は試してみると良いでしょう。禁煙治療を順調に期間内で終えることができれば、保険適用内で完了します。

チャンピックスを通販で購入する

チャンピックスは、通販で購入することができます。

通販の中でも、個人輸入代行業者のサイトで購入できます。個人輸入代行サイトでは、通販のように購入できる仕組みになっています。特に複雑な手続きをしなくても買うことが可能です。

チャンピックスには、さまざまなタイプが販売されています。チャンピックス禁煙フルパックを3か月分購入するとなると、3万円程で購入することが可能なのです。こちらにはメンテナンスパックとスターターパックの両方が含まれています。1箱あたり5000円の計算となるのです。1箱5000円程とは言っても、1箱では半月分ほどにしかなりません。トータルの最安で3万円ほどかかると考えておきましょう。

売っているところによって具体的な値段は異なります。しかし、いずれもまとめ買い割を導入しているところもあり、まとめ買いをすることでコストを抑えるのです。

保険適用分の費用と比較すると、通販をした方が高くなります。保険適用にならない人の場合は、10割負担の自費診療に比べると、大幅に抑えることが可能です。

そのため、保険適用期間で治療が終了しなかった場合は、通販での購入に切り替えると良いでしょう。

また、チャンピックスを輸入する場合には、なるべく信頼のできるサイトを利用しましょう。

チャンピックスは通販でお得に利用する

国内の医療機関でチャンピックスによる禁煙治療が困難なら、海外版のチャンピックスを通販で入手する方法がおすすめです。海外版といっても、パッケージが英語表記なだけで、中身は国内の医療機関で処方されるものと変わりません。

チャンピックの通販は輸入代行業者に依頼できる

当サイトが紹介するのは、通販といっても、実際は海外で販売されているチャンピックスを、個人で輸入する方法です。

チャンピックスを通販で購入するには、通販輸入代行サイトがおすすめです。医薬品の通販を仲介してくれる業者には、あんしん通販マートなどがあります。必要な手続きは簡単で、ホームページ上でチャンピックスを注文、配送先の住所を指定するだけです。料金はクレジットカードなどで支払いできます。

あんしん通販マートなどの個人輸入代行業者を利用するメリットは、本来必要な、海外の製品を購入する様々な手間が一切かからないことです。日本国内の通販サイトとまったく同じように、簡単に買い物できます。一般的には、海外の通販サイトの多くは英字表記です。代行業者を利用すれば、手続きを誤ってしまうリスクも避けられます。

また、チャンピックスが現地から発送された後は、荷物追跡を利用することができるので、通販代行業者に依頼していつまでに届くのかを把握できます。自身で通販するより、低リスクで利用できるのです。

デメリットとしては、クレジットカードなどの情報を業者側に提供する必要がある点です。大手サイトでなければ、お金だけ受け取ってチャンピックスを配送せずに、行方をくらましてしまうことがあります。

このようなことを避けるためにも、あんしん通販マートのような大手サイトを利用しておくことが重要です。必要な手続きもサイトによっては異なるので、自分が使いやすいサイトを利用するのが良いでしょう。

海外版のチャンピックスによっては、品質が異なっていることもあります。あらかじめ通販サイトの評判などを調べましょう。また、正規品を取り扱っていることを確認した上で取引することが重要です。

チャンピックスの通販は適法

チャンピックスの通販(個人輸入)は合法です。

厚生労働省は、「個人が利用する場合に限り、法律に違反するものではなく税関に止められることは無い」としています。

そのため、極端に多い数量を海外から輸入したり、転売などを行わない限り、問題はありません。

まとめ買いがお得だからと言って、海外の通販サイトから大量に通販をしてしまうと税関に止められてしまいます。

さらに、医薬品の品目によっては健康被害が報告されてしまいます。国内に持ち込むだけでも違法になってしまうケースもあります。精神神経に影響を与える薬は、禁止されているのです。

そのため、自分がこれから購入しようとしている医薬品は、違法に当たるものではないことを、厚生労働省のホームページで確認しましょう。

チャンピックスは、厚生労働省のホームページには記載がないので、通販しても問題ありません。

ただし、国内に持ち込む海外製の医薬品の数量が、国内で決められた法律の規定値を超えてしまると、違法とされます。

これらの法律を守った上で取引をする必要があります。困難な場合は代行サイトを利用したほうが良いでしょう。

難しい法令の問題なども適切に遵守することで、安全な取引が可能になるのです。